Web制作会社のマーズデザイン  »  Web制作会社のブログ  

 

Web制作会社のブログ

お客様に最適なWEB戦略で、 ブランド価値の向上、お問い合わせの増加、迅速な情報の配信、 営業・広告費用の削減、顧客満足の向上、リピート率の増加 の成功事例を実現しております。

2008年8月29日

Flashのすごいサイト

今、Flashを使ったコンテンツをつくってみようという
話が社内で持ち上がっている。


そこで僕もいろいろとさがしてみたんだが、
こんなサイトがあった。
http://www.atsushiwatanabe.com/


ビジュアル的には和のような、色彩が目に飛び込んでくる
美しいサイトということに加えて、細かく動いている部分が
あったりと遊び心も感じられるサイトだった。


今まではさほどFlashは提案してこなかったのだが、
おもいきりクリエイティブな方向へ降ってつくってみるのも
おもしろそうだと密かにわくわくしているのだ。


うちの代表+新人がどんなものをあげてくるのか
楽しみである。





2008年8月28日

Yahooも乗り出した・・・

位置情報などを利用した地図実験サイトが
登場した。

猛レース」というサイト
マラソンや自転車にのるひとたちが、サイト上で
レースを開催し、出場し、見て楽しめるサービス。


地図上の好きな部分をレース会場に指定でき、
同一ルートでの走行記録をケータイのGPS機能などで
計測したものを登録するとレースに参加できる。

同じルートでの位置情報など走行記録があれば
レースに参加できる。
遊び感覚のサイト。


走行記録が必要になるが、バーチャルレースが
展開できるのは面白い仕組みだ。





2008年8月27日

Googleの“予測変換!?”

検索キーワードの補助機能が追加された。


検索ボックスにワードを打ち込んでいくと
入れた語句に反応していくつかキーワードを
表示してくれる。


ケータイのメール入力の際の予測変換みたいな
感じで頭の方を入れるだけであとは表示された
ワードを選べばよいだけとなる。

これは便利。
ケータイになれている世代には何の抵抗も
なくすんなり使える機能だ。

だけとなり、簡単に、





2008年8月26日

モバイルなら会員登録もハードルが低い!?

IMJの調査結果が報告されていた。


「参加方法が簡単」であればモバイルキャンペーンで
会員登録やメルマガ登録があってもあまり気にせずに
登録を行う傾向があるようだ。


個人情報を入力しなければならない登録作業も
モバイルだとハードルが低いのかあまり気にせず
行えるようだ。
モバイルが時間や場所を問わない手軽だという
こともあるのかもしれない。


しかも登録した後はほとんどが継続されて
いるようである。


しかし、反面怖い部分もあり、バナー等で
受けた印象とサイトの印象が違いすぎると
ユーザーからのイメージは崩れ、
企業や商品のブランドイメージにも
大きく影響を与えてしまうようだ。


検索エンジンも使いやすくなってきているが
PCよりも顕著に検索結果は1ページ目しか
みていないという状況もあるので、モバイルの
SEO対策というのが今後必須の要件と
なってくると思われる。

ユーザー情報を収集するにはモバイルサイトでの
展開は必須と提案した方がよいようですね。
今後クライアントへは必ず提案してみましょう。





2008年8月25日

Googleで位置情報を確認できる

新たなサービスがまた加わった。


2つは発表され、1つはAjax向けのツールで、
ユーザーの大まかな位置を提供してくれる。

もう一つはより詳しい位置情報が得られるAPIだ。
こちらはプラグインがインストールされたブラウザ上のみ
だが、より詳細な位置を把握できるようだ。


そうなるとプライバシーの問題は?と疑問(心配?)に
なってくるところだがそれも考慮されていて、

サイトからのアクションで位置情報をリクエストすると
ユーザ側にそれを許可するか拒否するかの確認が
はいるようだ。


これはいつでも変更ができるので、臨機応変に変更できそうだ。
しかし、頻繁に拒否と許可を繰り返せば、怪しいと自分で
行っているようなものかとも思うが・・・


Google はストリートビューといい、位置情報や地図情報系の
アプリ開発が活発なようです。
何を意図してるんでしょうかね。楽しみです。





2008年8月22日

サイトのデザイン手法

ユーザビリティにも考慮し、見た目にも
インパクトがあってわかりやすい工夫を
しているサイトのテクニックが紹介されていた。


1.ロゴの中や近くにニュースなどを配置して目立たせる。
吹き出しが出てきたりするような工夫がされている。


2.ヘッダー画像が効果的に入れ替わる。
※これはよくみる手法。
SEO対策的にはCSSを使う必要があるとのこと。


3.メインメニューを2段タブにする。
ユーザーが情報を絞り込むのに有効。


4.トップ画像でメッセージを届ける
効果的なグラフィックで製品やサービスの
素晴らしさをアピールする。視覚的なアピールで
内容がダイレクトに伝わる。


5.画像のオーバーレイ表示
埋め込んである画像をクリックした際に
別のページへ飛ばされることがストレスになったりするが、
最近多いのはオーバーレイ表示で拡大させ、
同じページ内でポップアップするような見せ方に
している方がすっきりしてスムーズな感じに見える。


こうした工夫で目をひき、ページを次々見せられる
ようにしていくことが必要になると思います。





2008年8月21日

SEOテクニック

グランドメニュー部分をうまく使うと
すべてのページに表示されている部分なので、
かなり良い結果をもたらすことになるようだ。

メニュー項目の範囲を広げて、1つの項目に
複数の製品や記事などを盛り込むとかなり検索頻度も
高いものになると予想される。

だからといってメニュー部分にそのままテキストを
いれるだけでは×で、やはりそこは検索されるキーワードを
埋め込む必要がある。


ドメイン名がそこそこ強いサイトでこれを行うと
ほぼ20位以内に表示がされた例があるようです。

グランドメニュー部分が持つ力は
かなりなものがあるようです。
ユーザーの行動を考えて、メニューに
名前を付けていくとよい効果が得られそうです。
リニューアル案件で試したいと思います。





2008年8月20日

ケータイマーケティングマップ

Web担当者 現場のノウハウVol.12に掲載された
ケータイマーケティングマップが公開されてました。


ケータイ向けのサイトにはどんな経路で
人が入ってきているのか、PCとの違いを
図式で見られるものです。


Web坦ケータイマーケティングマップ


※矢印の太さは各媒体から誘導する際の影響力を表している


ケータイサイトへの経路は以前は「公式メニュー」からが
主流でしたが、今では検索エンジンもケータイ用が
でて使いやすくなっており、検索エンジンからが増えており、
ケータイらしいところだが、町なかのポスターや
フリーペーパーからといった紙媒体からも誘導できるのが
ケータイの特徴であり、有効に利用できる特性ですね。

ケータイならではの有効活用をこれで把握して
単なるケータイサイトではなく、ケータイサイトならではの
使い方を理解していただき、提案できるようになると
いいですね。





2008年8月19日

ネットショップまとめ買いはPCで・・・

IMJモバイルの調査でネットショップでの
ユーザーの動向、買物かごに関する調査が
行われ、その結果、PCとモバイルで
大きく異なる結果がでたとのこと。


機能により差が出るだろうとは予測できるものの
その差は顕著で、モバイルでは買い物かごに入れるのは
1商品というユーザーが40%を超えるが、PCでは
43%以上が「5商品以上」入れると回答している。


戻ったり選んだりという部分でモバイルでは
手間がかかるというところがあるので、確実に
買うもののみ入れるという傾向になるようだ。
いいかえるとより購入意思が明確な商品が
選ばれているということだろう。

小さな画面なので、商品の情報を確認でき、
簡単に決済に進めるレイアウトなどが
求められているようだ。


こうした違いも見据えつつネットショップの
画面設計や販売戦略を立てていくのも
必要になる。








ホームページ掲載以外にもWEBサイト制作実績・成功事例紹介多数ございます。
Webサイトからお問い合わせのお客様に限り、納品後3ヶ月のコンサルティング(期間限定)

Web制作の無料見積もり・お問い合わせ