Web制作会社のブログ(Webディレクター)

お客様に最適なWEB戦略で、 ブランド価値の向上、お問い合わせの増加、迅速な情報の配信、 営業・広告費用の削減、顧客満足の向上、リピート率の増加 の成功事例を実現しております。

今日は入力フォームのコンバージョン率をアップさせる方法、
EFO(Entry Form Optimization: エントリーフォーム最適化)について
公開されていた記事をリマインダーとして一部ご紹介します。

入力フォームというのは、どちらかというと目的を達成するための
タスクと感じる人の方が多いのではないでしょうか。

ユーザーは、単純に目的を達成したいだけなので、できる限りタスクは少なく、
できる限り素早くタスクを片付けてしまような・・・

そんなユーザーに対し、フォーム入力の際に生じる無駄な障害を
少なくしてあげることが、コンバージョンページまで辿り着く確率を
アップさせることに役立ちます。




ご挨拶が遅くなりましたが、

新年あけまして おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今回は、年明け早々猛威をふるっているウイルス
『Gumblar(ガンブラー)ウイルス』の対策について
私が調べた内容をリマインダーします。




W3C(World Wide Web Consortium)とは、
世界のホームページの規格を策定している機関です。

HTML、XHTML、XML、MathML、DOM等の規格である「Web標準」を勧告しています。

「Web標準」とは、Web上で標準的に利用される技術の総称で、Webサイトをより
多様な環境に対応させ、誰にでもアクセスできるようにするためのルールです。

W3Cの規格に準拠したHTML(XHTML)、CSSで構築しているサイトに
下記のバナーが配布されています。

valid-xhtml10-blue.png vcss-blue.gif

それぞれのサイトに配置してあるバナーをクリックするとW3Cの
テスト結果サイトへ飛ぶようになっています。

ちゃんとHTML(XHTML)チェックテストをパスしたサイトには、
「Congratulations」の文章と共にホームページに貼り付けるタグが配布されます。

W3Cの基準をクリアしていないサイトの場合は、エラー項目が画面上に列挙されます。

こちらで高得点を取り、W3Cの基準をクリアしたからといって、
それだけで検索エンジンの上位に表示されるわけではありません。

W3C=正しいHTMLであることの証

なので、検索エンジンに対しての評価もよいと思いますが、
一定基準以上のHTML(XHTML)・CSSで作られているサイトであるという
目安になるものですので、高得点を取ることに注力し、
ホームページ制作のコンテンツが貧弱になってしまっては、
目的を見誤ってしまいます。




SEOとページのボリュームの関係を少し調べていたところ、
詳しく解説しているサイトがありましたので、自分用リマインダーです。


『SEOにとってサイトボリューム(ページ数)は少ない方が良い?』

一般的に企業サイトでは、サイトボリュームを増やし
多くのページをインデックスさせることがSEOの定石と考えられています。

しかし、少し前からメインキーワードの検索順位を上げるためには、
ページ数が少ない方が良いのではないかということがいわれるようになってきました。

確かにページ数が少ない方が、検索エンジンに
サイトのコンセプトを伝えやすいというメリットがあります。

【例】
トップ・・・SEO対策
サブ1・・・YahooのSEO
サブ2・・・GoogleのSEO
サブ3・・・ホームページ制作
サブ4・・・会社概要
サブ5・・・問合せフォーム
サブ6・・・リンク集(SEO関連サイトとの相互リンク)

上記の場合、企業情報以外の全てのページがSEOに関するページとなっており、
れぞれのページが「SEO+〇〇」という異なるキーワードで最適化する事が可能です。

検索エンジンは直ぐにこのサイトを『SEO』に関する
テーマを扱っているサイトだと認識できます。

SEO対策にとってロングテールが重要だという事が言われるようになり、
ページ数を増大させたサイトも多いと思いますが、サイトボリュームが
増えることによるデメリットも存在します。





今年も残すところ1ヵ月と少しになりました。

普段、ふとした時に参拝したいと思った時に
PCさえあればいつでも参拝できてしまうサイト。

エア参拝なるものを見つけました。。。

この効果の程は、その人の心がけ次第のようです。

試しにエア参拝をしに清水寺へ。
エア参拝の最中は細かく参拝の方法(エア参拝の方法)を
説明・案内してくれます。

普通、清水寺に参拝に行く際には階段をかなりのぼります。
その辺はその場でスクワットをすることで実際の負荷を味わいます。。。。

神聖な気持ちで臨みましょう。。。





今日は、使いやすくて高機能
な国産のSEOツール『SEOチェキ!』の機能をご紹介。

このツールはAjaxで動いているようで、軽快に動き
無料で調査できる必要項目がほぼ全て揃っており、
とても見やすいツールです。

際立っているのはやはり、動作の軽快さがかなり大きいかと感じます。




meta descriptionの文字数は?

SEOを考慮した場合、descriptionの文字数は何文字程度にすべきでしょうか?

meta descriptionはページの概要を表すタグであり、多くの検索エンジンでは
検索結果の一覧にも表示されます。

【meta descriptionの文字数におけるポイント】




デザインを制作する上で、一度完成されたデザインに手を加えて、
クオリティーを上げるといった作業は、難しいものです。

そんな時に参考になりそうな記事が紹介されていましたので、
自分用リマインダーとして。


単調なウェブサイトのデザインに手を加えてクオリティをアップするチュートリアル

ウェブサイトのデザインに、ビジュアルエレメントを追加したり、
細部をブラッシュアップしたりしてクオリティをアップする
Photoshopのチュートリアルです。

デザインブラッシュアップの参考になります。




ユーザーが混乱しない、使いやすいフォームを実装するために
気をつけたい10のポイントというような記事を見かけましたので、
自分用リマインダーとして。


『使いやすいフォームを実装するために気をつけたい10のポイント』








ホームページ掲載以外にもWEBサイト制作実績・成功事例紹介多数ございます。
Webサイトからお問い合わせのお客様に限り、納品後3ヶ月のコンサルティング(期間限定)

Web制作の無料見積もり・お問い合わせ