Web制作会社のマーズデザイン  »  Web制作会社のブログ » flashでグラデーションマスク

Web制作会社

お客様に最適なWEB戦略で、 ブランド価値の向上、お問い合わせの増加、迅速な情報の配信、 営業・広告費用の削減、顧客満足の向上、リピート率の増加 の成功事例を実現しております。

flashでグラデーションマスク

flashでマスクをかける際に、
グラデーションのマスクを使いたい、という事は多々あると
思います。

例えば文字。

一文字づつトゥイーンさせてもいまいちパッとしない、
もっと滑らかに表示させたい!というときなどに役立ちます。


しかし、マスクのオブジェクトをグラデーションで描いても
残念ながらグラデーションのマスクはかかりません。


これはflash8以降であれば
ActionScriptを使って容易に実現できます。

ここでは仮に、

マスクをかけたいオブジェクト = インスタンス名 obj_mc
マスクオブジェクト = インスタンス名 mask_mc

として、マスクオブジェクトをグラデーションで描きます。

あとは下記のスクリプトを書けばOKです。
------------------------------------------------
obj_mc.cacheAsBitmap = true;
mask_mc.cacheAsBitmap = true;

obj_mc.setMask(mask_mc);
------------------------------------------------

ビットマップキャッシュを有効にすることにより、
アルファチャンネルがサポートされるようになります。




ホームページ掲載以外にもWEBサイト制作実績・成功事例紹介多数ございます。
Webサイトからお問い合わせのお客様に限り、納品後3ヶ月のコンサルティング(期間限定)

Web制作の無料見積もり・お問い合わせ