Web制作会社のマーズデザイン  »  デザイン会社 » シングルページの方が有利?ランディングページの気になるポイント

デザイン会社

お客様に最適なWEB戦略で、 ブランド価値の向上、お問い合わせの増加、迅速な情報の配信、 営業・広告費用の削減、顧客満足の向上、リピート率の増加 の成功事例を実現しております。

シングルページの方が有利?ランディングページの気になるポイント

ランディングページ、プロモーションページはシングルページで
一枚ですべての情報が見られる方が良いと思っていませんか?
訴求したい商材などによりそれは違ってくるようです。

ポイントは直感的に応募や申込み、購入しやすい商材の場合は、
1ページで完結させるプロモーションが十分に可能になります。

一方、決定までに吟味を重ねるような商材については、
複数ページのプロモーションサイトや、本体サイトの
コンテンツ詳細ページへリンクさせたりと、ランディングページが
プロモーション活動の入り口ページとして機能する方が
有効だったりします。

1ページ完結型は1回の訪問で、確実にアクションを起こしてもえる
ことを狙います。
ただユーザーの心理としては、何度かの訪問を繰り返して
決定するという行動があるため、何度も訪れさせると言う
工夫が必要となります。

再度訪れてアクションを起こす行動を想定し、本体コンテンツへの
リンクやメルマガ登録をさせておいたり、お気に入りに登録しやすかったりと
いろいろと対策をたてておくとよいでしょう。

商材とユーザーの行動にあわせてランディングページの構成を
検討するとコンバージョン率アップには良いと思います。




ホームページ掲載以外にもWEBサイト制作実績・成功事例紹介多数ございます。
Webサイトからお問い合わせのお客様に限り、納品後3ヶ月のコンサルティング(期間限定)

Web制作の無料見積もり・お問い合わせ