Web制作会社のマーズデザイン  »  デザイン会社 » あなたの売れないセールスコピーを販促に繋げる3つのルール

デザイン会社

お客様に最適なWEB戦略で、 ブランド価値の向上、お問い合わせの増加、迅速な情報の配信、 営業・広告費用の削減、顧客満足の向上、リピート率の増加 の成功事例を実現しております。

あなたの売れないセールスコピーを販促に繋げる3つのルール

「あなたのセールスコピーは、なぜ売りに繋がらないのか?」

WEBサイトを活用して販促を実現する上で、
重要な要素の1つである「セールスコピー」

あなたのセールスコピーは売りに繋がっていますか?

WEBサイト、チラシ、DM、POPなどの販促物に使う
セールスコピーを売りに繋げる3つのルールをご紹介します。

 1 企業側の視点を捨てる

 2 購入意欲をそそる明確な言葉を使う

 3 伝える情報を欲張らない

それでは、まずは1番について詳しくお話しをしていきます。

1 企業側の視点を捨てる

大切なのは、使う側・利用する側にとって、
「その商品・サービスを選ぶと、どんなメリットがあるか?」
ということだけです。

企業が自分の自慢をしても、それはセールスコピーとしては不適格です。

どんなに性能が良いかどうかは、ほとんどの消費者に響かず、
重要なのはその性能によって、どんな利益を得られるかです。

例えば、最新技術によって、ものすごく滑らかに書けるペンがあったとします。

次の内、どのセールスコピーが消費者に最も響き、売りに繋がると思いますか?

 1)最新技術で、書く時の滑らかさUP!
 2)業界No.1の滑らかな書き心地!
 3)ペン選びで、文字を書く時の疲労感を軽減!

最新技術かどうかも、業界No.1かどうかも、
使う側にとっては、基本的にどうでもよい情報です。

「書き心地の滑らかさ」も、言葉だけでは、
抽象的で伝わりづらいと言えます。

それよりも使う側にとって大切なのは、
その滑らかな書き心地が「自分にとって、どういうプラスの影響を与えるか」です。

今回の例で言うと「疲労感を軽減」というのが、プラスの影響です。
ここにモニター試験から導き出された数値などがあるとより効果的です。

大切なのは、その商品やサービスを利用した際に得られるメリットを
より具体的かつ明確な言葉で、使う側の視点から表現することです。




ホームページ掲載以外にもWEBサイト制作実績・成功事例紹介多数ございます。
Webサイトからお問い合わせのお客様に限り、納品後3ヶ月のコンサルティング(期間限定)

Web制作の無料見積もり・お問い合わせ