Web制作会社のマーズデザイン  »  Web制作会社のブログ  

 

Web制作会社のブログ

お客様に最適なWEB戦略で、 ブランド価値の向上、お問い合わせの増加、迅速な情報の配信、 営業・広告費用の削減、顧客満足の向上、リピート率の増加 の成功事例を実現しております。

2012年1月20日

日本初リアル「いいね!」ボタンを仕掛けたルミネ有楽町

Pentax645+75mm SuperG 03p 新宿ルミネ1.jpg
Pentax645+75mm SuperG 03p 新宿ルミネ1.jpg / midorisyu
Facebookを使ったリアルプロモーション事例がつい最近行われました。
有楽町西武跡にオープンしたルミネ有楽町店です。

10月下旬のオープンに向けてFacebookページで
アンケート風に「いいね!」ボタンを押させたり、
Twitterと連動させたり、
SNSを活用したプロモーションを展開していました。


リアルプロモーションでは、商品のコーディネート写真を
巨大なボードにして工事用の仮囲いに20点を掲示し、
その各コーディネート写真に「いいね!」ボタンが付いており、
そのカウント数をFacebookページにも反映するという
仕組みを採用しておりました。


■大きなボタンが人々の目を惹く?

リアルプロモーションで使用された
大きな画像と大きなボタンが目を惹くのか、コーディネートによっては、
実施から2~3日で、2000カウントを超えたものもありました。

また、リアルの「いいね!」ボタンが珍しいのか、
ルミネ有楽町店への期待が大きいのか
かなりの注目度で、気になって、
押してみる人が多かったようです。

もちろんFacebookやサイト上の
「いいね!」ボタンの数も加算されていたようですが、
リアル「いいね!」ボタンの方が多かったようです。


■コンセプト

リアルな広告とFacebookを連動させることで
今、有楽町でどのような流行があるのかを
リアルタイムで感じられるようにし、
顧客と一緒にサイトやFacebookを盛り上げ、
ルミネ有楽町店オープンへの期待感を出すことを
目的としていたとのことです。

狙いは見事に的中し、
広告への注目度もSNSやサイトへの誘導も行え、
結果的に、オープン時には大変盛況な集客がありました。


■実現性と効果測定がまだ難しい?

リアル「いいね!」ボタンとサイト上のカウント数の加算方法など、
システム的にはできていないような感じもあり、
難しい面もあるようですが、
まずは日本初ということで注目度は高く、
今後のプロモーションにも活用されていくと思われます。

特別な会場ではなく、路上の、しかも工事中の壁面を
使ってのプロモーションということで、
オープン場所の認知度アップにも繋がったのではないでしょうか。

リアル「いいね!」ボタンだと通りすがりや、
ちょっとした待ち時間に何気なくやってみるという人が増え、
少し気にしてもらえたり、頭に残ったりと
告知効果はあるのではないかと思います。

ボタンを作るというところで、費用は掛かりますが、
今後の展開に期待したい「リアル+ネット」のプロモーションです。
これから、もっと洗練された面白いものが続々と出てくるはずです。

展示会やプロモーションイベントを行う際は、
施策の1つとして、今後検討されてはいかがでしょうか?


「成功するWEBサイトを目指す販促担当様へ」

ユーザーを巻き込み、信頼と満足を獲得する
コンテンツ企画やFacebookページの制作、
あるいは、容易にWEBサイトを更新するためのCMS構築など、
どんなことでもお気軽にご相談下さい。

私たちは、貴社の売上アップに必ず貢献します。

ここで紹介していく一般的事例のほかに
具体的な導入事例を弊社サイトではご紹介しております。
⇒ http://www.marsdesign.co.jp/portfolio/index.html





2012年1月 4日

Facebookページの活性化はちょっとした工夫で!

Facebookのページを作成したものの、あまり思っていた成果が
手に入らないという悩みはないでしょうか。

だいたいが日々の業務などに忙殺され、あまりユーザーとコミュニケーションを図ることが出来ていないのではないでしょうか。


ユーザー=ファンからの投稿の有無を基準にしてみると分かり易いかと思います。
ユーザ−からの投稿で賑わっていますか?


ファンからの投稿が多い=ファンのロイヤリティを高められていると
いうことで、かなり注目をしておくと良いことだと思います。
どうしたら投稿してもらえるのか・・・。
成功事例が日本でも知らない人はいないほど有名となった
クロックス・ジャパンの事例をみていきましょう。


e5b2abba-s.png


クロックス・ジャパンではなんと投稿数に占めるファンの割合が47%と約半数のファンを抱える状況となっています。


こちらでは散漫になりがちな目的を絞り込み、商品ラインナップの多さと新規のお客様への商品紹介とわりきり、ページを展開しました。
ブランド自体の認知度はたかいものの、一時期大ヒットしたサンダルというイメージを払拭するため、豊富なラインナップがあることの訴求に注力しました。


またFacebookならではの双方向の情報提供の活用法として、体験しなくては分からない履き心地の部分をユーザーからのウォールへの投稿を促し、体験談を多く提供し、実際に
店舗へいって、手に取って確かめてみる流れができるように工夫されたようです。

キャンペーンについては、スピードくじを導入し、その場ですぐ結果が分かり、申込みも挑戦するだけで完了できるという非常に敷居の低いものを行い、かなりの参加者を集めたようです。
9月末スタートのキャンペーンで年内のファン獲得数を想定5000としていたところ、予想を遥かに超える集客ができ、ファンを増やすことに成功したようです。

また、購入者に対し、ウォールへの投稿を促すために、「届きました!報告」のお願いをしていました。


単純にスピードくじの商品発送をする際に、お時間のある時に喜びのコメントや写真をぜひウォールに投稿してくださいとよびかけただけでした。
投稿に対し、ポイントがつくというようなインセンティブはありませんでしたが、多くのファンが投稿を行いました。

ファンからの投稿を促すために、企業サイドの投稿頻度は最低1日1回以上、1日多くても5回までとし、平日のみ、土日は行わないと運用ルールを決めて対応したようです。


投稿のネタは、社内の全部署からとし、様々な情報を社内から集め、発信していきました。
投稿の確認はWEBチームが朝昼晩と行い、その場ですぐに返信コメントをいれるようにと徹底したようです。
内容によってはカスタマーサポートからの直接の回答ができるように社内体制もととのえ、しっかりと企業サイドがどのように運用していくのか、その体制をどうするのかを取り決め、無理のない範囲で行ったことが投稿の約半数をファンで占めるという結果に繋がっているようです。


スピードくじなどキャンペーンにからめて、届きました報告といったごく簡単な投稿を依頼する形は、さまざまな企業でFacebookページの活性化に活用できると思います。


いま一度、目的の整理とユーザーにどのようにすれば受け入れられるのかを見直し、社内体制を整えてみてはいかがでしょうか。








ホームページ掲載以外にもWEBサイト制作実績・成功事例紹介多数ございます。
Webサイトからお問い合わせのお客様に限り、納品後3ヶ月のコンサルティング(期間限定)

Web制作の無料見積もり・お問い合わせ