Web制作会社のマーズデザイン  »  Web制作会社のブログ  

 

Web制作会社のブログ

お客様に最適なWEB戦略で、 ブランド価値の向上、お問い合わせの増加、迅速な情報の配信、 営業・広告費用の削減、顧客満足の向上、リピート率の増加 の成功事例を実現しております。

2009年10月24日

スーパーマリオをデザインした人って誰?

今や世界的なキャラクタースーパーマリオ
デザインした人(関わった人)は
宮本さん、小田部さんという方だそうです。


http://touch-ds.jp/dsi/interview/8_4.html


それを今のマリオの絵にまとめあげて下さったんです。
もともと、マリオのイラストは
『ドンキーコング』(※13)をつくっていた頃から、
僕がえんぴつで描いたラフを
外部のイラストレーターの方に渡して
仕上げてもらうことが多かったんですね。


ところが『スーパーマリオブラザーズ』を出すときに
プロのマンガ家や著名イラストレーターに
お願いするようなことも考えたんですけど
時間切れになってしまったので、
自分でパッケージイラストの原画を描くことにしたんです。(サイトから引用)


ウォルトディズニーとかは、すごく有名ですが
意外と知らない人も多いのではないだろうかと思ったので
一応アップ。


デザインは、奥が深い
人を幸せにすることもできるんです。
そして絵に魂を与えることもできるんです。





2009年10月23日

地域活性とWEBデザイン

最近は、もう地域活性ばかり仕事をしていて、地方を廻っていると
「地域活性のデザインやプロモーションは、需要が多いのではないですか?」
と聞かれたりします。


はっきりいって、需要が多いとか少ないとかまったく関係有りません
もっと言うと利益がでるとか、でないとかも関係ありません


会社としてもちろん持続かのうにしていかなくてはいけないのですが
そもそも「需要があるから地域活性」とか言う発想がありません。


自分の持っているスキルで社会の役に立ちたい


それだけで、今は、共感できるNPOやその他の仕事も
積極的に受けています。そうすることで自分もお金にはかえられない
価値を学ばさせてもらっているし、むしろ感謝の気持ちがこみ上げてくる。


できることから確実に一歩ずつ





2009年10月19日

地球のためにデザインをする

経営理念にも書いてあるが、根本的には、デザインをして、その先のユーザーが喜び、クライアントが喜んでくれれば本当に最高である。


このユーザーが喜ぶということは、本質的に喜ぶということ。無料プレゼントに応募するような一過性の喜びではなく、「この情報があってよかった」「このデザインがすき」「わかりやすい!」というように


じわ~


っと心に残るような情報を伝達するデザインである。それがより多くの人へ伝われば多くの人が幸せになる。そう願いながら日々制作をしております。


綺麗につくっただけのデザインは、すぐにわかります。細部まで心をこめてデザインをする。それは、地球が人が元気になって欲しいから。

私達は、ITを活用して、より良い情報を、
より多くの人へ届け、幸せを創造する仕事をしています。

例えばWEBキャンペーンで公益性の高い情報をユーザーに届ける。
ユーザーは、クーポンなどを持ち、お店に行き良いサービスを受ける。

そこで、人と人がつながり、一つの幸せが生まれます。

だからこそ私達は、
より良い情報をより多くの人に届けることにこだわります。
そして、この考えの下、検索エンジンを最適化したWEBサイト(SEO)や
ユーザビリティ、ブランディング、成約率にこだわり研究をし続けております。





2009年10月16日

社会を良くするためのデザイン

宮城県に行ったときに結城登美雄さんとお話をする機会があった
記事にすると語弊を生むかもしれないけどかけないが
自分の中で確実に"動く"何かがあった


最近では、地域活性化やNPOやNGO支援のWEB制作を中心に
行っている。もちろん企業様のサイトなども担当させていただいているが
コンセプトとしては、社会を良くするため心を込めてデザインをしている。


ようやくそういう仕事も、情報も流れが生まれてきていて
社会を良くするためのデザインを生涯行っていきたいという
気持ちもこみあげてきた。


社会を良くするためのデザイン
追求していきたい。





2009年9月13日

ブログを書く重要性

SEO対策でブログを書く事を推奨している企業などもありますが
本質的に大切なことは、SEO対策ではありません


それは、ブログを書くスタッフ個人個人の成長です。


脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書) (新書)
によるとブログを書く事によって、情報に対する感度が高まるそうです。


ただネットサーフィンなどぼーっとWEBサイトを眺めているだけではなく
「ブログを書く」という日課があることで、その情報に対する意識が
高まり、自己成長につながるのです。


マーズデザインでもスタッフがブログを書いてくれていますが
それぞれの専門分野について書く事で自分のスキルアップにつながるだけではなく
普段の生活でも意識、無意識の中で情報に対する意識が高まり
より良い人生を過ごせると信じています。





2009年9月 4日

WEBコンサルティングという仕事

最近、仕事内容が、かなりWEBコンサルティングよりになってきた。


コンサルティング (consulting) とは
業務または業種に関する専門知識を持って、主に企業(まれに行政など公共機関)に対して外部から客観的に現状業務を観察して現象を認識、問題点を指摘し、原因を分析し、対策案を示して企業の発展を助ける業務を行う


これは、マーズデザイン社に対してもそうだし、他社に対しても同様にアプローチを行っている。実際にも5分もみれば、その会社のWEB戦略の改善点や修正点で、大幅に利益があげられるポイントがわかる。


評価をもらっている強みとしては、シリコンバレーで鍛え上げていただいた伝達力だろうか。結構このあたりは、努力をしたので、落ち着いて装飾無く人に物事の本質を伝えられるようになってきたのかもしれない。


昔は、WEBコンサルタントやWEBコンサルティングという言葉もなかったのだろうが、時代は、流れますね





2009年8月30日

週末は、農業体験です

藤巻塾の仲間たちと
無農薬農業体験と摘草料理とカブトムシ採り+流しそうめん
のイベントに参加してきました


あいにくの雨でしたが
しっかりと勉強してきました。


今度、食育のサロン勉強会をはじめることになりました!
地方での特産物のことも恐ろしく詳しくなってきているし
将来は、食べ物評論家になれそうです。そろそろ取材がきてもいいころです。


詳細は、またアップします
ウェブサイトは、こちら





2009年8月22日

今日も藤巻幸夫さんと語る

IMG_0757.JPG


昨夜の広瀬香美さん&藤巻チームのみんなとの
カラオケから一晩あけて
今日もマッキー師匠のお店で3時間ほど語り合う


藤巻さん最高です


人生相談もして
「もっともっと失敗しろ!」と藤巻さんから温かい言葉
さらにcrumで一緒に服を選んでもらった。


共通の知り合いもいて、すごいご縁


マッキー師匠これからもついていきやすぜい!
9月は、BBQと越後妻有研修が楽しみー





2009年8月12日

齋藤家の先祖は凄かった。。

IMG_4617.JPG


なんと銅像がありました



教育やボランティア事業に
当時のお金で2億円近い寄付を
行っていたそうです。


びっくり


僕も今、教育や社会貢献の方向に進もうとしている
WEB制作というスキルを社会に与えてもらった


ご先祖様凄いね


子孫もまだまだ100倍がんばらなきゃ
20億円寄付するぞーおー!





2009年8月 5日

猛烈に人生が動き始めている

猛烈に人生が動き始めている


あぁ、人生で後、何度こういう体験をするのだろうか


精神と肉体が分離しそう、あぁ、そんな感じ


とはいえ、冷静になるとたいしたことない体験だったりする


すべては、複雑なようで単純なのだ


こういう体験は、レアなので、ここのweb logしておこう。
これがブログの使い方でもある。
数十年後に検索でみつかったり、検索がなかったり





2009年7月 7日

お金=幸せ・豊かという時代は終わった

お金=幸せ・豊かという時代は終わった
と思います。


最近、生き方について考えています。


どう感じて
どう生きるか


地に脚をつけて生涯社会への貢献を続けるため
NPOの設立を進めています。


続きます





2009年6月 2日

想像以上の出来のWEBサイトを創る秘訣

今日は、新規サイトの打ち合わせでした


いつでもWEBサイトのトップページデザインを初めて見せるときは
どきどきするのですが、トップページを見せた瞬間
クライアント様から


「ばっちりです!想像以上のできです!」


と、一発OK!これで通算14連勝くらいです。


こういう時にうれしいのは、良いデザインができたとか
一発OKやったーとかではなくて、


クライアント様の意図をしっかりとヒアリングして
デザインする事ができたということです。


どんなに良いデザインでも「いやいやこういう路線じゃなくて//」
などなってしまうと全く意味がありません。


ですのでデザイナーであれ、ディレクターは、ヒアリング能力
加えて、コミュニケーション能力がどんな知識よりも必要なんです。





2009年5月 8日

地域活性化とSEOとSEM

今後、マーズデザイン社は、地域活性化イベント企画運営
力をいれていく


すでに地域活性化では、かなりの実績をあげており、地方公共団体をはじめ多くの実績を残させていただいている。


その前準備として、モバイルSEOとSEMにかなり力をいれて研究している
かなり面白い。クロスメディアなどよく言われていたが、その意味がようやくわかってきた。


地域活性化


これまで社会からうけた恩恵を還すためにも
自分のスキルであるITを駆使した集客プロモーションで貢献したい。





2009年3月19日

ソーシャルビジネスとWEB制作会社


ソーシャルビジネス全国フォーラムに参加しています。



オープニングフォーラムは、日本を代表する実業家DEFTA PARTNERS(デフタ・パートナーズ)グループ会長の原丈人さん。話の内容が株や企業の話が多かったのが印象的でした。これからのNPOも企業の視点をもっていかなくてはならないというメッセージを感じました。


【名言】
今後、全ての企業がソーシャルビジネスという位置づけになるだろう

次にトークセッションでは、大地を守る会の藤田さん、かものはしプロジェクトの村田さんなどのトークが聞けました。


【要点】
・イギリスでは、あたらしいビジネスの3分の1はソーシャルビジネス。今後日本でも若い特に女性が活躍する時代になるであろう
・これまで潰れていく人もたくさんみてきたが、原因としては、相談できる仲間と情報共有ができなかった。村田さんもETICを通じて話し合いの中で、道を見つけてきた。


企業は、NPOに近づき始め
NPOは、企業に近づくという
ソーシャルイノベーションがはじまっている


事業と社会のサステナビリティを考えることが、グローバルビジネスであると僕は考えています。MARS DESIGNもCSR活動の一つとして、自分達ができることから「エコサイクル」というWEBサイトを制作、システム運用部分で応援をしております。


どういう結果になるかわかりませんが、できることから、貢献していければとひしひしと感じています。ソーシャルビジネスとWEB制作会社は、僕の長い課題になりそうです。





2009年2月23日

WEBブランディング:マーズデザインだからできる強みは?

WEBブランディングを考える時は、サービスの強みをヒアリングします。


例えばマーズデザインだからできる強みは?という問いがあったとき
「これだけは、絶対負けない!」「負けたいない!」「こういうことがしたい!」
という観点から考えます。


1、企業の特色を活かしたWEBデザイン
2、更新が簡単なサイト
3、検索エンジンで上位に出やすいサイト
4、映像・撮影・イベントなど多様なサービス
5、成約率とリピート率を高めるWEBデザイン


で、これを実現するために

1、豊富な実績と経験(実績の紹介
2、お問い合わせを増やす研究機関(MARS LABS

があります。


しかし、それだけではたりません。それは、打ち合わせ時の圧倒的なコンサルティング能力だと思います。どれだけお問い合わせがたくさんきても、会社の顔になるお問い合わせ時の担当者がしっかりつ強みを伝えないと意味がありません。


表層・実績・実際
この3点がそろってはじめてWEBブランディングは成り立ちます。奥が深いですね。





2009年1月22日

大事なことは、メールするな。電話で伝えるな。

毎週楽しく見ている「ボクらの時代 - フジテレビ」ボクらの時代 - 番組情報。毎回、様々なジャンルで活躍する3人が集い、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組です。


番組内でスタジオジブリプロデューサーの鈴木さんが、大事なことは、メールするな。電話で伝えるな。ということをおっしゃっていました。


何度も何度もこのブログで書いていますが、仕事は人だとおもいます。それ以上でも以下でもありません。今、そのためにもよりクライアント様のオフィスの近くに引っ越そうかと思っているくらいです。より密なコミュニケーションでよりよい作品がつくることができれば素晴らしい。またクライアント様にデザイナーから直接プレゼンテーションをする機会を与えることができれば、デザイナーのスキルアップとクライアント様の顧客満足が高まると信じています。


そのほかでは、お会いしたお客様には、必ず手書きでお礼のメールを出すように徹底しております。





2008年12月18日

スキルアップ:Web Designingの購読はじめました

WEB制作


社員教育の一環もかねて、Web Designingの購読はじめました。
これをデザイナーが読んで、社員全員に朝の勉強会で発表する仕組みです。


さらにデザイナーは、フィードバックをうけて、さらにデザインの知識を増やす
そうして企画提案ができる、プレゼンができるデザイナーになっていくのです。
今年は、どんどん社員教育に投資してます。1年後が楽しみだ





2008年11月26日

上地雄輔さんのブログから考えるwebデザイン

上地雄輔さんのブログを見ると、両脇のサイドバーが赤色になっていて
さらにリンクの色も青色と彩度、明度、コントラストの
バランスからユーザー視点から考えても非常に文字が読みにくい。
注:webデザインが悪い、という意味ではないです。webデザインより大事なことが
あるということの視点をかきます。


マージンの取り方や色調整なども考えると
WEBデザインとしては、改善の余地が多数ある・・・・・・しかし、

このサイトは、多くのPVとアクセス数を誇りギネスにも
登録されるほどであるという。
注:PV数というのは、顧客満足の観点から言うと微妙なところで、
一ページを短くして、ページを大量に増やせば
PVは、増えます。WEBで大事なことは、PVと滞在時間、アクセス数、リピート率です。

仮説: デザインは、どうでもいい。コンテンツがよければよい。


もう一方で、人間は、視覚的認識が強い動物です。やはり見た目も大切です。


結論: 両方良い方が良い。


補足: SEOなどを考えるとある程度デザインは、制限されることもある


どれをとるかは、あなたしだい。全てはとれません。逆に絞ると強くなります。


上地雄輔さん個人的に大好きです。見てるだけで元気がもらえる♪
上地雄輔さんのブログ








ホームページ掲載以外にもWEBサイト制作実績・成功事例紹介多数ございます。
Webサイトからお問い合わせのお客様に限り、納品後3ヶ月のコンサルティング(期間限定)

Web制作の無料見積もり・お問い合わせ